お葬式ガイド

葬儀社を決める前に
これだけは見てください

葬儀が初めての方はもちろん、ご経験がある方も、知っているようで意外と知らない「葬儀」のことを分かりやすくお伝えいたします。

01 「もしも」の備え

深い悲しみの中、すぐに手配をしなければならない「葬儀」。
気持ちの整理がつかないまま、様々な事を決定しなければなりません。しかし、生前から「葬儀」の準備をする事で不安を解消し疑問を解決することで大きな安心へとつながります。

詳しくみる

02 葬儀社選びのポイント

基本的に定義のない「家族葬」は葬儀社によって価格・内容・サービスがまったく違います。費用面だけではなく担当者の人柄や会社の信頼性も重視し、きちんと見て・聞いて・比べた結果、納得して葬儀社を決める事が最も重要な事です。

詳しくみる
葬儀社選びのポイント

03 葬儀費用はこう見る

葬儀費用は大きく分けて「式費用」「おもてなし費用」「宗教費用」の3つに分かれます。家族葬のトワーズではお客様目線で分かりやすく葬儀にかかる総額費用をお伝えします。

詳しくみる
葬儀費用はこう見る

04 無料で寺院・神社を紹介

寺院や神社とお付き合いがなくお困りの方や、お布施の金額を抑えたい方などは当社とお付き合いが深く信頼のおける寺院や神社を無料でご紹介をいたします。また、弊社のご紹介する寺院は檀家になる必要が無いので皆様からも特に選ばれています。

詳しくみる
無料で寺院・神社を紹介

05 お墓がない場合

お墓が無い場合の供養方法は大きく分けると「新しくお墓を建てる」「永代供養墓に納める」「散骨」「自宅供養(手元供養)」の4つの供養方法に分かれます。もしもの時に慌てないように事前にご親族で話し合いをしておくことが重要です。

詳しくみる
お墓がない場合

06 葬儀費用の給付金制度

国民健康保険、社会保険、保険組合等の被保険者や被扶養者の方が亡くなった場合、国や行政に申請をする事で葬祭費(埋葬費)などを受給できる制度です。生活保護受給者の方が亡くなった場合、各市区町村規定の葬祭扶助が支給されます。

詳しくみる
葬儀費用の給付金制度

07 参列者のための葬儀マナー

宗旨にかかわらず、葬儀の席では悲しみの気持ちを表す喪服を着用し、故人様を偲び、ご遺族様に配慮したしめやかな態度でのぞむのがマナーです。仏式の流れを例に、葬儀で注意したいポイントをまとめました。

詳しくみる
参列者のための葬儀マナー
  • ※火葬料金は別途お客様負担となります。
  • ※その他に追加費用がかかる場合がございます。