参列者のための葬儀マナー

葬儀に参列する基礎知識

お悔やみ事のマナー

葬儀に参列する基礎知識

お通夜や葬儀は急に参列することがほとんどですが、服装やマナーがわからず焦ることありませんか。そんな時のために、お通夜や葬儀に参列する際に押さえておきたい服装や時間などのマナーや知識に関することを紹介します。

服装や香典など準備をするもの

香典

香典

急いで駆けつけた通夜の場合、香典の用意がなくても大丈夫です。翌日の葬儀で渡したい場合などは記帳のみで済ませましょう。香典を用意できる場合は、ふくさに包んで手に持っておきます。香典袋をそのまま持つのはマナー違反ですので、ふくさはきちんと準備しましょう。葬儀の場合のふくさの色は紫、緑、グレー、藍など。結婚式と混同しないようにしましょう。葬儀では必ず香典を持参してください。

服装

香典

男性も女性も喪服が基本です。ただし通夜の場合は、男性はブラックスーツやダークスーツでネクタイや靴下は黒、女性の場合は黒で地味なデザインのワンピースやスーツであればマナー違反ではありません。腕時計や結婚指輪を除くアクセサリーは基本的に外しておきましょう。服装全般の注意としては、黒であっても光沢のあるものは避けてください。派手な時計も外すのが好ましいです。

コートやアクセサリー

香典

冬場でコートを着用している場合は、葬儀会館の建物内に入る前に脱ぎましょう。革や毛皮のコートは殺生を連想させるので、控えたほうが無難です。また、女性の場合のアクセサリーですが、涙を連想する白のパールが基本です。一連のネックレスや一粒タイプのイヤリング、どちらかを選ぶのがよいとされています。二連のネックレスは「不幸がかさなる」という意味から必ず避けてください。

数珠や小物

香典

数珠は必ず必要ではありませんが、あれば持っていくべきです。数珠は法具ですので、大切に扱ってください。いかなる場合でも、畳や椅子の上に直接置くのはNGとされています。また、小物ですが、白の無地か黒のフォーマルなものを用いましょう。色物は現金です。手袋は黒で布製、傘も地味な色のものにしましょう。

通夜についての作法

通夜の服装

通夜は、葬儀の前日に親しい人たちが「取り急ぎ駆けつける」といった意味合いが強い儀式です。ですので、通夜の日程が逝去から数日後だったとしても、地味な平服での参列でも問題ありません。
最近は通夜のみに出席する人も多くなり、喪服を着用する人も増えてきました。準備ができるようでしたら、喪服でも構いません。

お通夜の流れ

01 葬儀場に到着する時間

通夜の時間に遅れないよう、少し早めに向かいましょう。到着したら、携帯電話や音の出るものの電源は切りましょう。

02 受付・記帳を済ませる

受付にてお悔やみを述べ、香典を渡し、記帳します。翌日の葬儀で渡す場合は香典はなくても構いません。
記帳後は祭壇のある部屋へ向かい、先客に一礼して入室しましょう。ご遺族様が参列者様のあいさつを受けている場合には、順に並んでお悔やみを述べましょう。

03 焼香

席次が決められている場合は案内に従いますが、決められていない場合は前からつめて着席するのがマナーです。係員から案内があったら、順番に焼香していきましょう。

04 通夜振舞い

通夜振舞いの席へ案内されたら、故人への供養の意味からいただくものですので、箸をつけるだけでもかまいませんのでいただきましょう。ご遺族の方は、慣れないことに心労や疲労が重なっていますので、長居は禁物です。お酒も振る舞われますが、宴会ではありませんので、マナーに注意しましょう。

05 退席

翌日の葬儀・告別式に参加できない場合は、その旨をお詫びして退席しましょう。