参列者のための葬儀マナー

葬儀に参列する基礎知識

参列者のための葬儀マナー

葬儀に参列する基礎知識

一般的に訃報を聞いて急遽、お通夜や葬儀に参列する場合が多く、普段あまり着用する事の少ない礼服や身だしなみ、準備するのもなどについて、押さえておきたい服装などのマナー、知識に関することをご紹介いたします。

服装や香典など準備をするもの

服装

香典

男性も女性も喪服が基本です。ただし通夜の場合は、男性はブラックスーツやダークスーツでネクタイや靴下は黒、女性の場合は黒で地味なデザインのワンピースやスーツであればマナー違反ではありません。腕時計や結婚指輪を除くアクセサリーは基本的に外しておきましょう。服装全般の注意としては、黒であっても光沢のあるものは避けてください。派手な時計も外すのが好ましいです。

香典

香典

急いで駆けつけたお通夜の場合、香典の用意がなくても問題ありません。また、翌日の葬儀で渡したい場合は記帳のみを済ませましょう。香典を用意できる場合は、ふくさに包んで持参しましょう。香典袋をそのまま持つのはマナー違反なので、ふくさは事前に準備しておくと安心です。葬儀の場合のふくさの色は紫、緑、グレー、藍などが一般的で、結婚式と混同しないようにしましょう。

コートやアクセサリー

香典

冬場でコートを着用している場合は、葬儀会館の建物内に入る前に脱ぎましょう。革や毛皮のコートは殺生を連想させるので、控えたほうが無難です。また、女性の場合のアクセサリーですが、涙を連想する白のパールが基本です。一連のネックレスや一粒タイプのイヤリング、どちらかを選ぶのがよいとされています。二連のネックレスは「不幸がかさなる」という意味から必ず避けてください。

数珠や小物

香典

数珠は必ず必要ではありませんが、あれば持っていくべきです。数珠は法具ですので、大切に扱ってください。いかなる場合でも、畳や椅子の上に直接置くのはNGとされています。また、小物ですが、白の無地か黒のフォーマルなものを用いましょう。色物は現金です。手袋は黒で布製、傘も地味な色のものにしましょう。

直葬プラン 火葬式プラン
一日葬プラン一日葬プラン
家族葬プラン家族葬プラン
一般葬プラン一般葬プラン
  • ※火葬料金は別途お客様負担となります。
  • ※その他に追加費用がかかる場合がございます。