思いがけない不幸のご対応

思いがけない不幸

ご遺族様が抱える問題は決して少なくありません

いつ見舞われるかわからない「思いがけない不幸」

日本では、年間100万人以上亡くなる方のうち、約7%、7万人の方が、交通事故などの不慮の事故、自死で亡くなります。また、15歳未満の子供死亡者数は年間6千人といわれ、そのうち4千人以上は5歳未満の幼児です。この様な「死」はあらかじめ予測されている病死とはことなり、残された家族、関係者に大変な経済的・精神的困難が伴うことはいうまでもありません。社会生活を営む中で、誰もがいつ見舞われるかわからない「思いがけない不幸」。当社では、これらの問題について情報発信を行います。

ご遺族様の方や周囲の方に知っていただきたいこと

赤ちゃん・お子様の葬儀に関して

幼くして亡くなったお子様や赤ちゃんの葬儀は、ご両親はもちろん、周囲の方やお子様のお友達にも非常に大きな悲しみとなります。皆さんが向き合わなければならなくなった時に知っておいていただきたいことについて、アドバイスとポイントをまとめました。

赤ちゃん・お子様の葬儀に関して詳しく知る

自死をされた方の葬儀に関して

年間3万人。日本で亡くなる方の約3%が自死という悲しい最後を迎えているのが日本の現状です。通常の死とは異なり、警察への連絡も必要となり、ご遺族様にとっては心身ともに大きな負担となります。皆さんが向き合わなければならなくなった時に知っておいていただきたいことについて、アドバイスとポイントをまとめました。

自死をされた方の葬儀に関して詳しく見る

事故による死に関して

事故による死の場合、警察とのやり取りはもちろん、司法解剖なども必要になることが大半です。皆さんが向き合わなければならなくなった時に知っておいていただきたいことについて、アドバイスとポイントをまとめました。

事故による死に関して詳しく見る
  • ※火葬料金は別途お客様負担となります。
  • ※その他に追加費用がかかる場合がございます。