事故による死に関して

自死をされた方の葬儀に関して

事故による死の場合、警察とのやり取りはもちろん、司法解剖なども必要になることが大半です。皆さんが向き合わなければならなくなった時に知っておいていただきたいことについて、アドバイスとポイントをまとめました。

臨終

臨終

警察から連絡があり警察署に行くと、身体の特徴や所持品などについての質問があります。遺体安置室で遺体の確認をします。(遺体の損傷がひどい場合が少なくありません)警察の事情聴取は混乱しているご遺族様にとっては取り調べのように感じることがあり精神的負担は大きいものです。警察署での遺体確認は、混乱しているご遺族様にとっては大変に辛いもので精神的負担は大きいものです。解剖の場合には長い時間を要することがありますので、終了の目安の時間を警察に聞きます。

遺体安置

遺体安置

解剖室で準備した新しい服に着せ替えます。葬儀社の寝台車で運びます。(あらかじめ搬送先に連絡を取っておきます)

納棺

納棺

遺体の状況によっては解剖室で納棺した方が良い場合があります。また、親族や友人が対面できない事があります。

死亡通知

納棺

警察の事情聴取の後、突然の死を悲しんでいる間もなく、親戚などに死亡の連絡をします。親戚や知人が駆けつる次々に度に警察で知り得た事故の情報を説明しなければなりません。遺体が司法解剖から戻っていないと集った人達の混乱は怒りに変わることも考えられます。このため、あらかじめ事故の状況を客観的にメモをして答えるようにします。冷静でいられるはずがありませんので、できるかぎりいろんな手立てを考えておく事が必要です。

死亡届

納棺

混乱しているご遺族様に代わり当社で行うことが可能です。

通夜・葬儀

通夜・葬儀

必ず保険会社から連絡が入ります。わからないことは各窓口にご相談いただくといいでしょう。
>>都道府県及び市の交通事故相談所
>>一般社団法人日本損害保険協会
>>公益財団法人日弁連交通事故相談センター

  • ※火葬料金は別途お客様負担となります。
  • ※その他に追加費用がかかる場合がございます。