コラム

2020年08月11日 コラム

お仏壇の種類とタイプについて

お仏壇は大きく分けて、伝統工芸品としての価値も高い「金仏壇」、黒檀や紫檀などの高級素材で作られた「唐木仏壇」、インテリア性を重視した現代的なデザインの「家具調仏壇」の3種類があり、それぞれ上置きタイプと台付きタイプの2つに分類されます。お仏壇選びでは、宗派によってご本尊や仏具が異なる場合があるので、ご家庭で信仰している宗派を確認しておくことが重要です。

< お仏壇の種類 >

『 金仏壇とは 』

蒔絵、彫刻、錺金具などの日本古来の伝統工芸の技法が集約されていて、技巧による豪華さが特徴的です。また、伝統的な金仏壇の内部は、各宗派の本山寺院の本堂(内陣)を模しています。なお、浄土真宗では金仏壇を持つことが一般的とされています。

『 唐木仏壇とは 』

黒檀や紫檀、欅(けやき)、屋久杉などの銘木と呼ばれている木材の美しい木目を生かしたお仏壇で、重厚な風合いが特徴的な仏壇です。また、白木に塗装したものや木目印刷シートを貼ったものも唐木仏壇と呼ばれます。唐木仏壇には、宗派による違いはありません。

『 家具調仏壇とは 』

近年の住宅事情や生活スタイルなどを考慮して、家具調にデザインされた現代的な感覚のお仏壇です。リビングや洋室などに設置しても違和感のないお仏壇で、伝統的な一般的なお仏壇に比べ、モダンですっきりしたデザインが特徴的です。

< お仏壇のタイプ >

『 上置き仏壇 』

上置き仏壇とは、テーブルやキャビネットなど、家具の上に設置することができるお仏壇のタイプです。近年の住宅事情で仏間がない方や、設置スペースの都合上、小さなお仏壇を探している方にオススメです。

『 台付仏壇 』

台付仏壇とは本体(上置き仏壇)に下台が付いているお仏壇のことで、椅子に座り落着いてお参りができるのが特徴です。また、下台の収納スペースには、お線香やローソク、お掃除セットなどを収納する事も可能です。

«   »
直葬プラン 火葬式プラン
一日葬プラン一日葬プラン
家族葬プラン家族葬プラン
一般葬プラン一般葬プラン
  • ※火葬料金は別途お客様負担となります。
  • ※その他に追加費用がかかる場合がございます。